ノムさんのヒメウォンバット

入れ歯で食べることに抵抗がある、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方にインプラント治療がすすめられるでしょう。

インプラント体と呼ばれる人工歯根の埋入手術をして、そこへ人工歯をつける治療で、ほぼ全て自費診療になるため高くつきますが、入れ歯よりもはるかに自然な見た目で、自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。

見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を重視する方には最適です。

インプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、インプラントの土台となるあごの骨に問題がないか調べてください。

とりわけ、歯周病や顎関節症がある場合、治療を始める前にそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保することが必要条件です。

また、美容整形であごの骨に手を加えた方もインプラント治療のリスクが増大します。

こうした病歴があっても、直ちに治療不可と決めつけることはできないのできちんと歯科医に相談することが大事です。

インプラントは、人工歯根と義歯をアバットメントで接続するものですが、一種類だけではなく、部品の接続形態によって以下に示す何通りかに分かれています。

人工歯根からアバットメントまでが一つのパーツになっている「1ピース・インプラント」、あるいは1ピースタイプと呼ばれるものと、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・インプラントがあります。

2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、そのコネクション部分の形状により、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションがあり、接続が簡単なインターナルタイプの方がシェアが多くなっています。

皆さんが気にしているインプラントの耐久性は、現状では確実な説はありません。
デトランスαが口コミで大人気!本当に効くの?

歯科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ自分の歯と同じくらい保つというケースが増えています。

ということは、日頃のケアを欠かさなければ長期間トラブルなく使うことも可能ですが、他の自分の歯と同じように、ケアが行き届かなければすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうということを忘れてはいけません。

どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、他の治療が難しい方に適用されます。

抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。

義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由でインプラント治療を選択する患者さんが多くを占めます。

インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントは自分の歯に近い噛み心地が得られ、食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。

入れ歯や差し歯と比べても利点の多い治療法であるインプラント。

ですが、他の治療法と同様、注意すべき点があります。

まず挙げられるのは、インプラント治療を受けるには条件があることです。

後から残念な思いをしないように、事前によく調べてください。

インプラントは、骨に器具を埋め込むという、患者さんの負担も大きい治療です。

抵抗力を弱める病気、例えば糖尿病や心臓の病気に罹患している方や、歯周病などで既に顎の骨が浸食されている方なども、インプラントの利用が不可能と診断されるかもしれません。

歯科治療の現場は日々進化を続けています。

最近は、インプラント手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、それも皆無とはいきません。

義歯と人工歯根を繋いでいるネジ部分が緩んできたりして、食事の際にグラグラと動いてしまうというケースも稀に報告されています。

これは、インプラント手術の経験が浅い歯科医が担当していることが要因となっています。

なるべくなら、インプラントを専門としている歯科医を選ぶことが大事だといえるでしょう。

重度の虫歯になってしまい、抜くしかなくなってしまいました。

両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、インプラントにすると、このようになりますよと説明されインプラント治療に決めました。

費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですが自分の歯に近い使用感があるとのことでした。

治療後、噛めるようになると、ほどなく隣の歯と同じように使えたので私の場合は、インプラントが最適でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です