国枝とアーチ橋

インプラント治療を受けたい方のネックにもなっていますが、治療はほぼ保険適用されません。

今後もおそらく保険はきかないでしょう。

なぜならインプラント治療をすすめようとするとブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べて手間がかかるとともに、設備や技術が求められ、どこでもできる治療ではないからです。

インプラントをあごの骨に埋め込むだけでなく、かみ合わせが落ち着くまで時間もかかるので全ての治療を通した費用はかなりの額になります。

シミウスってどうなの?でもネットでも話題だよね!
治療の一部を保険適用にするだけでも、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。

ほとんどのインプラント治療は保険適用外なので費用面で、治療を躊躇する方も多いのが当然です。

クレジットカード利用ができる歯科医院や、デンタルローンなどと銘打って独自の分割払いを取り入れた便利な歯科医院も多くなってきました。

全ての費用を現金一括払いできなくても、治療を始めることは実現できるようになりました。

入れ歯や差し歯と比べても利点の多い治療法であるインプラント。

ですが、他の治療法と同様、注意すべき点があります。

それは、誰にでも適用できる治療法ではないということです。

これは重要な事実です。

インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。

ガンで治療を受けている方や、糖尿病、心臓病などの持病をお持ちの方、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、残念ながらインプラントは利用できないとの判断になるケースがあり得ます。

そのような場合は別の方法に頼るしかありません。

歯科におけるインプラント治療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。

骨になじんで比較的安定しやすいため、金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。

インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで本格的な治療がスタートするので患者も納得し、安心して治療を開始できます。

治療が終わったところで、重要なメンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。

人工歯としてのインプラントは永久に虫歯から免れますが、歯周病には気をつけてください。

インプラント治療は、治療そのものよりその後のケアが重要で、インプラントの土台を維持するために、毎日の歯みがきと定期検診やクリーニングはずっと続きます。

ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があれば歯周病の一種、インプラント周囲炎かもしれません。

自然に治ることはありませんので、早急に診察してもらわなければなりません。

言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、お手入れなしで長持ちすると考えてはいけません。

インプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし当たり前のことながら、歯周病の危険性もあります。

残存している歯と同様に歯科医や衛生士の指導に従って、まずは口腔内をきれいに保ってください。

その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。

インプラント治療には隠れたメリットがあります。

治療終了後、義歯だと気づく人はたぶんないでしょう。

根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じようにかなり自然にうつり、自分から、義歯だと他の人に明かさないでいれば義歯だと気づかれることもいちいち考えなくて良くなります。

義歯だと思われたくない方にはこの治療方法を選ぶべきでしょう。

高額なインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、定期的なメンテナンスが行われていれば自分の歯と同じくらい保たせることが可能と考えていいようです。

ということは、日頃のケアを欠かさなければ長期間の使用も問題ありませんが、他の自分の歯と同じように、ケアが行き届かなければ歯周病など、異常が起こることがあるということを肝に銘じておくべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です