大和だけどタゲリ

他の歯科治療と同じように、インプラントにも失敗をゼロにすることはできません。

では、失敗はどのような問題を引き起こすかというと、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといった人工歯そのものの問題、手術の後、あご周りの痛みや腫れが続くといった身体に関する問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという見た目の問題が起きる可能性もあります。

こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためには歯科医はともかく慎重に決めてください。

埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければインプラント治療は終了です。

けれども定期的に歯科医に診てもらう必要があるため当然、その度に費用を支払います。

普通は、三ヶ月に一回のペースで定期検診に通うことを指示されます。

この定期検診に必要なお金は保険がきく治療がほとんどなので、三千円くらいと考えてください。

普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度のお金がかかると見積もっておきましょう。

費用や手間の面から考えても、インプラント治療は治療の選択肢がそれしかない患者さんにお薦めします。

抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。

入れ歯では噛み心地が満足できない、などのため必然的にインプラント治療になる患者さんが多くを占めます。

インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントは噛み心地があごの骨に直接伝わるため、食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。

インプラント治療を希望する代表例として、周辺の歯に関係なく治療したいという場合があります。

例えば、ブリッジで義歯を入れようとすると両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。

両隣の歯は健常なので、削りたくないという希望がある方には他の治療法よりもインプラント治療がしっくりくると思います。

「インプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、義歯が自分の歯根に支えられているかどうかです。

虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても歯根部が損なわれていなければ自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウンをかぶせる治療ができます。

抜歯した場合の選択は、入れ歯以外ですと、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込むというインプラント治療が候補となります。

インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、歯科医と、歯科医院の決め方です。

特殊な外科的治療についても技術を要求されるのでとにかく数多くのインプラント治療にあたってきたなるべく経験豊富な歯科医に治療してもらうように努めてください。

それだけでなく、必要な費用についてきちんと話してくれる、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底している歯やあごの状態、治療方針についてしっかり説明してくれることなども後悔しない歯科医選びの決め手となります。

混同されることの多いインプラントと差し歯。
ライザップの評判!本当に痩せるのか?

何が違うのでしょうか。

差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。

つまり、自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。

歯根を含めて歯が無くなってしまったところには、利用することは不可能です。

一方、インプラントは原理が全く異なります。

これは、チタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、その上に義歯を装着して固定するというものです。

自前の歯がなくなってしまい、差し歯が利用できない場合でも、気にせず行えるのが最大の特長であるといえます。

インプラントが世の中に定着した技術となった今日では、歯科医の技量も上がり、インプラント手術の失敗はほぼなくなりましたが、確率は低いながら、今でも不具合の起こることはあります。

酷い場合にはインプラントが固定されず抜けてしまったり、噛んでいるとグラグラしてしまうといった不具合が起こる可能性もあるのです。

これは、インプラント手術の経験が浅い歯科医が担当していることに原因があると言ってよいでしょう。

技術が高く、インプラント手術に慣れている歯医者さんを選択することが、インプラント成功のカギといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です